【図解】2022年度から始まる高校家庭科の資産形成の授業

【図解】2022年度から始まる高校家庭科の資産形成の授業
  • URLをコピーしました!
目次

ポイント

現状の課題「国民一人一人が安定的な資産形成を実現し、自立した生活を営む上では、金融リテラシーを高めることが重要である一方で、そのための機会が必ずしも十分とは言えない」(金融庁「金融経済教育について」2019

改訂のねらい「民法が改正され、来年(2022年)の4月1日からは、成年年齢が18歳になります。つまり、今の高校生たちは、高校を卒業した時点で、一人の大人として行動できるわけです。それを踏まえると、高校生のうちに、金融リテラシーを身に付けておくことが望ましい。」(朝日新聞EduA「高校授業で来年度から「資産形成」、投資の知識を学ぶ理由は? 金融庁に聞く」

それに加え・・・ライフプランの多様化に伴って、人生設計において資産形成の選択肢を増やす狙いもあるそうです。

【図解】2022年度から始まる高校家庭科の資産形成の授業

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる