【図解】プラスチックゴミは何が問題点なのか、わかりやすく解説

【図解】プラスチックゴミは何が問題点で、消費者ができる対策とは?
  • URLをコピーしました!

2020年7月から全国一律でプラスチック製買物袋の有料化がスタートしました。これは廃棄物、資源制約、海洋プラスチックごみ問題などへの対策として、プラスチックの過剰な使用を抑制するための制度です(参考:経済産業省特設ページ

プラスチックはなんとなく環境に悪いという認知が一般的となってきましたが、有害物質でもないプラスチックがなぜ問題となっているのでしょうか?概要を改めて図解をまじえて解説していきます。

※本記事は主にこちらの動画「海洋プラスチック汚染研究の最前線 | 磯辺篤彦 | TEDxTenjin | Atsuhiko Isobe | TEDxTenjin」を参考に作成しています。

目次

プラスチックゴミの問題点

海洋プラスチックは回収不可能

いわゆるポイ捨てされたペットボトルやプラスチック製の包装容器は、雨などで川に流れ、やがて海にたどり着きます。そのプラスチックゴミは波や紫外線にさらされて劣化し、小さく粉々になります(これを「マイクロプラスチック」といい直径5mm以下のプラスチックのことを指す)。

マイクロプラスチックを海の生物が誤って食べてしまいます(「クジラの胃の中を調べたら、大量のプラスチックがでてきた」という映像を見たことがある人も多いのではないでしょうか)。

基本的にプラスチックは無害ですが、汚染物質がプラスチックの表面に吸着しやすいという性質を持っているため、間接的にプラスチックの誤飲が海の生物に影響を与える危険性が危惧されています。当然、海の生物を食べる人間への影響というのもあるとして考えられています。

磯辺篤彦らによるマイクロプラスチックによる海洋汚染についての研究では、現在のままプラスチックが海に捨てられ続ければ約50年後には、海の生物に何らかの影響がでるとの予測がされています(しかし、あくまで予測で正確には言えないとのこと)。

確かな予測ができないのであれば、対策しなくていいのか?となるとそうではなく、一度海に捨てられたマイクロプラスチックは回収不可能なものであり、何らかの影響が出てから対策を講じるのでは遅いということになります。

プラスチック消費大国、ニッポン

プラスチックゴミが海に流れ着いてしまうことで、海洋生物に影響がでると予測されており、そのためプラスチックゴミ対策が必要なわけです。しかし、そもそも道端に捨てられるような管理されない投棄プラスチックは、全体の廃プラスチック排出量のわずか1~2%程度と割合で見ればごく少数です。

仮に、「世の中にゴミのポイ捨てをする人が50%いる」という状況の場合「じゃあポイ捨てする人を減らそう」という対策は有効となりますが、「ポイ捨てする1%の人をゼロにしようとする」というのは現実的ではないでしょう。

これはつまり「プラスチックは環境中に漏れるもの」という前提に立つ必要があるということです。

では、これだけ管理下にあるプラスチックゴミですが、なぜ海に大量に流れ着いてしまうかというと、そもそもの総量が非常に大きいから。莫大な量のプラスチックが日々生産されており、1%の割合というのが積もり積もれば無視できない数値になっているというわけです。

1950年以降のプラスチック生産量の推移

過去50年で生産量が20倍も増加して3億トンを超えるまで成長し、年率5%で増え続けて今後20年で倍増すると予想される

PLASTICS JAPAN.com

驚くべきことに日本は1人当たりのパッケージ用プラスチックごみの発生量が、アメリカに次いで世界で2番目に多い国です。

mymizu.co「世界と日本のプラスチックゴミの現状」

僕らの生活はプラスチックに大きく依存しているため、すぐさま禁止するというのが不可能ですが、このまま続けば取り返しのつかない問題に繋がる危険性があるというのも事実です。

プラスチック問題の対策として、これまで提唱されていた3Rにリフューズを加えた4Rが提唱されています。

  1. Reduce(リデュース):プラスチックを減らす
  2. Reuse(リユース):プラスチックを捨てずに再利用する
  3. Recycle(レサイクル):プラスチックを再び資源として利用する
  4. Refuse(リフゥーズ):プラスチックゴミになるものを拒否する

この「Refuse:拒否する」がプラスチック製買い物袋の有料化につながるわけですね。有料化に伴いエコバックを利用する人も増えたかと思います。プラスチックゴミの問題は加害者と被害者が一致する社会問題です。未来の私たちを守るためにも、できることから始めてみましょう。

【図解】プラスチックゴミは何が問題点で、消費者ができる対策とは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる