【図解】歩いて稼ぐアプリ「STEPN」って何?わかりやすく解説

【図解】歩いて稼ぐアプリ「STEPN」って何?わかりやすく解説
  • URLをコピーしました!

「STEPNってアプリが流行ってるけど、なんなの?」という方に向けて、図解を交えてわかりやすく解説したいと思います(これを書いている時点でSTEPNを始めて2週間くらいが経ちました)。

STEPNの詳しい解説、攻略法とかではないのでご注意ください。あくまでも概要を解説した記事になります。なので、できるだけ専門用語を使わず解説していきたいと思います。

目次

STEPNって何?

STEPNはひとことで表すなら「歩く or 走ることで仮想通貨を稼ぐことができるゲームアプリ」です。

STEPN公式ページ

創業者はオーストラリアの方たちで、なかなかユニークですね・・・w

なんで稼げるの?

注意:あくまで概要図です

「なんでゲームをして仮想通貨が稼げるの?」と思うかもしれませんが、仮想通貨(ブロックチェーン)の世界では「○○をして仮想通貨を稼ぐ」系のサービスがいくつも存在します(一番有名なゲームが「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」というポケモンのようなゲームで、このゲームのおかげで家を建てちゃったフィリピン人がいます。)

簡単な仕組みの解説は図解の通り。まずこのゲームを始めるには最低でも6万円くらい(2022年2月時点)するアプリ内で使う靴を買う必要があります。RPGで言う装備品みたいなものですね。

このように、ゲームを始めるのに結構な出費が必要で、ゲームを頑張るとそれ以上のリターンが得られるかもね・・・というのがざっくりの仕組みになっていて、運営元はというとユーザーがアクションを起こす(靴の取引や靴のレベルアップなど)ときの手数料を収益としています。

これだけ聞くと「儲かるのは一握りでしょ?」「この仕組みだと崩壊しない?」と思う人も多いと思います。

詳しく知りたい方は、STEPN公式のホワイトペーパー、もしくはSTEPNとよく似たアクシーインフィニティのこちらの解説記事をご覧ください。>NFTゲーム「Axie Infinity」は破綻するのか?──”GameFiとは何か?”を考える

難しくて僕も理解できていませんが、かなり参考になるかと思います。

STEPNで稼ぐことができる仮想通貨は「GST」です(厳密に言えば「GMT」という通貨もありますがここでは省略)。GSTの価格は常に変動していて2022年2月時点でいうと、日本円で200~300円あたりをウロウロしている相場感です。

Coin Market Capで確認できます

どうやって始めるの?

図解をご覧の通り、STEPNは始めるのが結構面倒臭いです・・・。要は、仮想通貨SOL(Solana)で靴を買えばいいだけの話ですが、有名な国内取引所だとSOLを取り扱っていないので、こんな面倒くさい方法が一般的なようです。

SOLを入手するために、まず(コインチェックやビットフライヤーなどの)国内取引所でビットコインを買って、それをバイナンスという世界最大の海外取引所に送って、そのビットコインをSOLと交換します。

おすすめの国内取引所はbitbank(ビットバンク)です。(よくおすすめされてるコイ○チェックは微妙だと思ってます…)

で、入手したSOLをSTEPNアプリに送って、アプリ内で靴を買えばあとはSTARTボタンを押して歩くだけ。

より詳しいSTEPNの始め方を知りたい方はこちらの記事がとてもわかりやすく、これに沿っていくだけで始めることができます>【始め方】STEPNで靴を買うまでの5つの手順を画像つきで解説。

STEPNの補足説明

感覚は「育成ゲーム」

「歩くだけで稼げる!」というのが非常にキャッチーでとっつきやすいのですが、僕が使ってみた感想、中身は「育成ゲームとほとんど変わらないな」という印象です。

どういうことかと言うと例えば、買った靴をセットして歩いて仮想通貨を稼ぐと「靴が少しづつ壊れます」。壊れた靴を使い続けると稼ぐ効率が悪くなるので、修理してあげる必要があって、このときに稼いだ仮想通貨GSTを使用します。これって言わば、キャラクターに餌を与えてる行為と似てますよね。笑

他にも、靴のレベルアップにGSTを使います。レベルが上がると靴の性能が上がって、効率よく稼げたり、靴が壊れにくくなったりします。これも言わずもがな育成ゲームっぽい。

「歩くだけ」というキャッチーさとは裏腹に、こういった育成要素・攻略要素もあるので、ゲームを攻略していくのが好きな人にはおすすめかもしれません(もちろん、散歩好きな人も、笑)。

詳しい仕様

より詳しい仕様はSTEPN公式のホワイトペーパーを読むのが無難ですが、すべて英語ですしホワイトペーパーだけではわからないこともたくさんあります。

そこで、こちらのLingさんが書かれたnoteをどうぞ。>STEPN 運動して健康になり、お金も稼げるNFTの『靴』 完全解説2.0

ホワイトペーパーの日本語訳に加えて、補足説明まで解説してくれており、一番網羅的に知れるページかと思います。

注意点

STEPN、「10分歩いただけで○○円稼げた!」というツイートで溢れており、それを鵜呑みにしちゃうとマズイかも・・・と思うところがあるので、最後に個人的に感じた注意点をいくつかまとめておこうと思います。

なぜこれを注意点のところで書いているかと言うと、アフィリエイト報酬目的で、このあたりの解説を十分にせずに仮想通貨取引所へ誘導する記事をチラホラ見かけるからです。逆に、このあたり許容できるのであれば、おすすめかなと思います。

始めるまでのハードルが高い

「STEPNの始め方」でも書いた通り、国内の仮想通貨取引所すら持っていない人からすると、かなり工程が必要でめちゃくちゃ面倒臭いです。解説記事通りに進めばいいだけなのですが、それでも結構な手間がかかります。

初期費用が高い

こちらも「なんで稼げるの?」のところでも書いた通りなのですが(2022年2月現在で)最低でも6万円くらいの初期費用が必要です。稼げるのが良いところなのに、始める時点で結構な赤字なわけです。

「歩くだけなら…」と思って続けられるなら初期費用を回収できるかもしれません。逆に「よし!運動は苦手だけど、稼ぐためなら…!!!」と思って始めるなら(それは素敵な挑戦なのですが…笑)、ちょっと始めるのは考えたほうがいいかもしれません。苦笑

要は「なんか簡単そうだし、ただただ楽して稼ぎたい」みたいなモチベーションで始めるのはおすすめしませんということです。当たり前な話、美味しい話にはウラがあります。

言うほど稼げません

Twitterでは「10分歩いただけで○○円稼げた!」というツイートが多く、僕もそういったツイートをしているのですが、実質的な儲けはそんなにありません。

どういうことかと言うと、「感覚は育成ゲーム」のところでも書いた通り、靴の修理、靴のレベルアップなどで稼いだ仮想通貨GSTを消費せざるを得ない場面がでてくるので、「実質的な稼ぎ = 歩いて稼いだGST – 消費したGST」ということです。

僕はSTEPNを始めて2週間くらい経ちますが、稼いだGSTをほとんどレベルアップや靴の修理に使っているため、日本円に変えられる分のGSTはほとんど残っていません。2週間やっても稼ぎはほぼゼロってことです。

GSTの暴落リスク

最後に、歩いて得られるものが仮想通貨(しかもビットコインのように既に地位を確立しているようなものではなくマイナーな通貨)なので、当然暴落リスクがあります。

個人的には、GSTの将来を悲観的に見ているという意味での注意点というより、どうなるのか全く見当がつかないという意味合いが強いので、逆に「GSTの価値はこんなもんじゃない!もっと上がっていくはずだ!」と思っている人にとってはチャンスかもしれませんね。

【図解】歩いて稼ぐアプリ「STEPN」って何?わかりやすく解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる