【図解】Web3って何?ブロックチェーンの仕組みまでわかりやすく解説

【図解】Web3って何?ブロックチェーンの仕組みまでわかりやすく解説
  • URLをコピーしました!

Web3ってなに?という人向けに、その概要を図解を交えてわかりやすく解説します。

主な参考記事・動画まとめ

目次

Webの歴史とWeb2.0の弊害

Web3の解説の前に、そもそもWeb1.0、Web2.0が何で、現在のWebの問題点をおさらいしましょう。

Web1.0

Web1.0はインターネットが普及し始めた1990年代半ばから2000年代半ばまでの期間を指すことが多い。明確にWeb1.0の定義があるわけではないが、初期の登場したばかりのインターネットを思い浮かべるとわかりやすい。

今のようにユーザーひとりひとりが発信したり、何かを買ったりアクションを起こすことはなく、基本的には静的なサイトを閲覧するのみだった。

Web2.0とその弊害

Web2.0はGoogle、Facebook、Amazon、AppleなどのIT企業が成長した主に今のWebの世界です。静的なサイトを閲覧するだけではなく、一個人がYouTubeに動画コンテンツを投稿したり、Twitterに何気ないことをつぶやいたり、Amazonで買い物をしたり、AppStoreのアプリをインストールしたり、、、スマホを使ってより能動的にインターネットを使っていると思います。

何不自由ないくらい便利なインターネットの世界に思えるのですが、今のWeb(Web2.0)の弊害は主に以下の二つ(参考動画:【徹底解説】「Web3」はなぜ重要なのか)。

  • プライバシーの問題
  • 中央集権的

Web3の理解のために重要な観点なので、少し補足していきます。

プライバシーの問題

さきほど例に挙げたGoogleなどGAFAと呼ばれるIT企業が、ここまで成長したのは「ユーザーの個人情報をGETできたから」というのは大きな要因の一つです。例えばYouTubeは、各ユーザーの好みに合わせた動画をおすすめに表示して、各ユーザーの購買をそそるような広告を表示します。

2017年、The Economist誌がおこなった「世界で最も価値がある資源は、石油ではなくデータだ」という有名な指摘にあるように、こうした企業は消費者のありとあらゆるデータを集めることで、膨大な利益を手に入れた。

The HEADLINE「Web3 とは何か?急速に注目を集める新たなトレンド

しかし、個人情報流出のニュースをよく見かけますよね(2021年の記事です:フェイスブックから個人情報流出か 5億3300万人分)。

またプライバシーの問題は個人情報流出のリスクだけではなく「心理操作」にも使われるリスクがあるという指摘がある。代表的な例が「ケンブリッジ・アナリティカ事件」で、これはブレグジット(EU離脱)やドナルド・トランプを支持する政治広告に利用されていたとされるスキャンダルです(参考:橘玲の日々刻々)。

これはつまり、インターネットを何気なく使っていると気付かぬうちに、個人情報をもとに政治思想を吹き込まれていたということになります。と、、、考えると「Webのあり方って本当にそれでいいの?」を思わざるを得ませんよね。

中央集権的

いまやFacebookやTwitterなどのSNSツールは、意見を発する際の必須ツールと言えます。つまり、そのツールを運営する企業は個人の発言の裁量を握っているということになります。最もわかりやすい例で言うと、アメリカの元大統領であるドナルド・・トランプ氏のTwitterアカウントがBANされたことが、一企業の中央集権性を物語っているでしょう。

米ツイッター社は8日、「暴力行為さらにを扇動する恐れがある」として、ドナルド・トランプ大統領の個人アカウントを永久凍結したと発表した。ツイッターの代替として多くのトランプ氏の支持者が活用するソーシャルメディア・アプリ「Parler(パーラー)」については、グーグル社が8日、アップル社が9日、それぞれ自社のアプリ・ストアで凍結・削除したほか、アマゾン社がホスティング・サービスのサービス提供を停止した。

ツイッター社、トランプ氏の個人アカウントを永久凍結 各社がSNSパーラーを凍結や削除

このように企業や国家など、ひとつの組織が「禁止」「制限」をすることで、国民の権利とも言えるような行動を制限できてしまうというのは、非常に中央集権的であり、GAFAを代表する巨大IT企業が力を持ちすぎたことによる弊害と言えます。

Web3って何?

これまで主に現代のWeb(Web2.0)の大きな二つの弊害「プライバシーの問題」と「中央集権の問題」をみてきました。これら弊害を受けない新しいWebの形としてWeb3が話題になっており、Web3は端的に言ってしまえば「一企業に個人情報を預ける必要もない」「分散化された」Webと言える。

例えば、Web上でアートを買う場合を考えてみます。

これまでのWeb2.0の仕組みであれば、例えばAmazonのようなWeb上のお店に「ID/パスワード」や「クレジットカードの情報」、さらに「購買データ」さえもAmazonに預けることによって購入する仕組みでした。

しかしWeb3の仕組みであれば、Web上のお財布である「ウォレット」をWeb上のお店に接続する“だけ”で買い物ができる。接続するだけなので会員登録が必要なく、これまで煩わしかったIDとパスワードの管理や、決済サービスや利用サービスの個人情報流出のリスクがない。そして、Web上のお財布「ウォレット」は、リアルな財布と同じように誰かや企業がその利用を制限することができないため、分散的(↔︎中央集権的)であると言える。

このようなことが可能になっているのは「ブロックチェーン」という技術がもとになっています。これまでは特定の企業や組織を信頼して個人情報を預けていたのが、事実上データの改ざんが不可能なブロックチェーンという「技術」を信頼できるようになったため、僕らは疑う必要なくWeb上で買い物などのサービスの利用が可能になったのです。

この「疑う必要がなく売買などの契約ができる」こと(スマートコントラクトと言う)は、自動販売機をイメージするとわかりやすい。

文字通り自動なので、店員さんを介在することなく、それでいて何も疑うことなく買い物ができる。当然、個人情報を預ける必要もない。条件を満たせば自動的に契約が成立する。これは僕らが「自動販売機の仕組み」を信頼しており、この自販機の仕組みがWeb上でできるようになったのがWeb3の特徴です。

2021年12月現在、Web3のサービスのひとつである「OpenSea」というアート作品が買えるマーケットを実際に使ってみると、ここで解説していることがよりリアルに感じられると思います。

ブロックチェーンって何?

では最後に「一企業に個人情報を預ける必要もない」「分散化された」Webが実現できるようになった根幹となるブロックチェーン技術について簡単に触れる。

日本ブロックチェーン協会の定義をもとに、SoftBankがわかりやすいようこんな定義づけをしている。

ブロックチェーンとは「参加者の中に不正を働く者や正常に動作しない者がいたとしても正しい取引ができ、改ざんが非常に困難で、停止しない、多数の参加者に同一のデータを分散保持させる仕組み」である。

ブロックチェーンとは

もう少し噛み砕いてみていく。

もっと端的に言えばブロックチェーンというのは「世界中の人が共有する一つの通帳」と見ることができる。

例えば、アドレスAからアドレスBに○ビットコインが送られたとする。この取引履歴はWeb上で誰でも確認することができる(アドレスの番号がわかるだけなので、詳細に誰々さんから誰々にというのはわからない)。

そしてこの取引の履歴は記録され、その記録を消すことができない。この取引履歴がブロックに詰め込まれチェーン状に繋がっていくためブロックチェーンと呼ばれる。

ただ取引データを連番で記録していくだけでは過去の取引データを書き換えられてしまう可能性がある。そのため、新しく作られるブロックには、ひとつ前の取引データを要約したものが加えられるようになっており、そのおかげで万が一データが改ざんされても要約との不一致が生じ、改ざんを検知できる仕組みになっている。

取引データを改ざんしようとすると、以降の取引データも改ざんする必要があるため事実上データの改ざんが不可能な仕組みになっています(もっと深く理解したい場合は、こちらの本がマンガでわかりやすかったです:マンガでわかるブロックチェーンのトリセツ)。

このようにブロックチェーンは、情報をあえてオープンにすることによって不正を防ぐ側面がある(自分が悪さをする側だとすれば、世界中の人がその記録を確認することができて、データを塗り替えることができないとすれば、それは大きなリスクであることが容易に想像できる)。

おさらい

  • 現在のWeb2.0は大きく「プライバシーの問題」と「中央集権的な問題」がある
  • Web3はその二つの問題をクリアできる
  • Web3の根幹技術はブロックチェーンで、企業や組織を信頼するのではなく、信頼するものがブロックチェーン技術に置き換わるため疑う必要がない
【図解】Web3って何?ブロックチェーンの仕組みまでわかりやすく解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる