【図解】ホームレスの実態に関する全国調査

  • URLをコピーしました!

厚生労働省の調査によると、2020年時点で日本において路上生活者は3,992人となっている。内訳としては、男性3,688人・女性168人・不明136人であり、都道府県別でも見ると、最も多い大阪府の1,038人に次いで、東京都の889人、神奈川県719人が続いている。

The HEADLINE「なぜ路上生活者に高齢者が増えているのか?

路上生活者の絶対数は減少している一方で、その年齢は高齢化する傾向にある。今回の実態調査における年齢分布は、70歳以上(34.4%, *2)、65〜69歳(20%)、60〜64歳(15.6%)、55〜59歳(10.7%)50歳以下(18.2%)となっており、高齢者とされる65歳以上の割合は、54.4%となっている。

The HEADLINE「なぜ路上生活者に高齢者が増えているのか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる